次世代iPhone 13はiPhone 12と同じサイズ展開、背面超広角レンズが更にアップグレードか

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

Appleの今年の新型iPhone、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxの予約が始まったばかりですが、既にAppleは当然のことながら次世代、更に次々世代のiPhoneの開発も同時に進めているのは間違いありません。そんな中、これまで多くの予測を当ててきたTF International Securities(天風国際証券)のアナリストMing-Chi Kuo(郭明錤)氏によって、2021年のiPhone 13シリーズ(仮称)と2022年のiPhone 14シリーズ(仮称)に関する予測が初めて行われました。

iPhone 13 concept 4 Lens
iPhone 12のリリース前からあった背面4レンズのコンセプト画像。結局iPhone 12でも3レンズのままでした。4レンズになることはありえるんでしょうか。。HUAWEIなどを見ていても追加しても望遠くらいですが。。

Kuo氏は投資家向けのレポートの中で、「iPhone 13」シリーズは現行最新の「iPhone 12」シリーズと同様、4種類の同じディスプレイサイズのモデル展開となる、との予測をしています。

そして、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの2種類の上位モデルでは、背面カメラの「超広角カメラ」にアップグレードがあるとされています。現行のiPhone 12 Proシリーズの超広角カメラの仕様はf/2.4の5Pレンズですが、iPhone 13 Proシリーズではf/1.8 6Pレンズになるということです。更に、iPhone 12 Proシリーズの超広角レンズでは13mmの固定焦点のオートフォーカスになっているところが、iPhone 13 Proの超広角カメラでは可変焦点のオートフォーカスに変更になるというのです。

iPhone 12 Pro Ultra Wide Camera Lens
これはiPhone 12 Proのレンズ。

そしてそのカメラの性能向上は引き続き更に先の2022年の「iPhone 14」シリーズでも維持され、「iPhone 14 Pro」シリーズではカメラ部品を提供しているサプライヤーの組み合わせに変更があるとされています。Kuo氏は「iPhone 14」シリーズでは台湾Largan Precision(大立光)がレンズを動かすのに必要なコイルモーターを製造すると予測しています。

iPhone 12シリーズは伝えられるところによれば昨年のiPhone 11シリーズよりも予約注文が多かったようですが、Kuo氏は来年のiPhone 13シリーズは更に多くの売上げを記録することを期待しているようです。Kuo氏は更に、来年の新型iPhoneの発売時期が例年通り9月に戻ることでAppleの売上げへ寄与するとしています。

更に、Kuo氏は2021年の9月までに世界的に5Gの普及が今より進んでいることを5G対応のiPhoneが売れる条件としています。AppleはiPhone 12シリーズ全てでQualcommの5G対応チップを導入して5G対応を大きな目玉としましたが、米国や日本や欧州、中国など世界的にもGDPが多い地域でも、5Gの導入は予測よりも遅れている状況です。ただ、来年くらいになればそれもだいぶ改善されてくるのではないかと思われます。

iPhoneカメラの進化については、iPhoneのカメラやレンズそのものはHUAWEIの端末よりも劣ることもあり、余地があるのは間違いありませんが、気になるのは今後のiPhoneのmmWave 5G(ミリ波5G)への対応ですね。あとはA15、A16チップと代替わりしていくSoCの強力化とプロセスの微細化は当然行われるでしょう。しかしそれ以外にはバッテリーのイノベーション(極大容量化と超急速充電の実現)でもない限り、もうiPhoneを含むスマートフォンは殆ど進化の余地がないような気がします。。既になりつつありますが、ますますマンネリになっていくことでしょうね。

記事は以上です。

(記事情報元:Apple Insider

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

小龍愛用サービス