Apple、iOS 14.2.1をiPhone 12シリーズのみに向けリリース。バグ修正

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

Appleは日本時間2020年11月20日未明(午前2時頃)に、iOS 14.2.1をiPhone 12シリーズのみに向けリリースしました。1日前のiOS 14.2の11月19日にビルドバージョンのアップデートが行われたばかりで、その次の日にマイナーアップデートバージョンのiOS 14.2.1がリリースされたことになります。iPhone 12シリーズのみに適用されるアップデートがリリースされるのは初めてのことで、またこれまでも特定の機種向けのiOSアップデートは珍しいことです。

今回のアップデートは予想通り、iPhone 12 miniのロック画面でフリーズする問題などが修正されています。

iOS 14.2.1アップデートの内容・修正点、リリースノート

AppleはiOS 14.2.1のアップデートのリリースノートで、以下のように記しています。

iOS 14.2.1の新機能
・一部のMMSメッセージを受信できないことがある問題
・“Made for iPhone”補聴器でiPhoneからのオーディオを聴くと音質が悪くなることがある問題
・iPhone 12 miniでロック画面が反応しないことがある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください
https://support.apple.com/kb/HT201222

iOS 14.2.1の主な変更点

今回は小数点2桁アップデートということで、しかもiPhone 12シリーズ限定ということでこれらの4機種に対してのバグの修正に特化したiOSアップデートになったといえます。

特に「iPhone 12 miniでロック画面が反応しないことがある問題」はかなり深刻な問題でした。

ちなみに私のiPhone 12 Pro Maxではカメラアプリを起動して、リアカメラを手などで覆うと虹色の模様が出てしまうという問題がiOS 14.2で出ています。ただ、常に発生しているわけではなく、発生したら再起動すれば治るのですが。。

このiOS 14.2.1でそのあたりも修正されているか、気になります。

アップデートはOTAで可能

iOS 14.2.1へのアップデートは、端末の設定>一般>ソフトウェアアップデート、或いはiTunesから可能です。なお、今回のバージョンはiPhone 12のバグ修正に徹しているため、容量は小さくなっています。iPhone 12 Pro MaxのiOS 14.2からのアップデートでは171MBでした。

アップデートにかかる時間はデバイスやネットワーク環境などによって変わりますが、アップデート実行中には作業ができなくなるので、できるだけ時間に余裕を持って行いましょう。また、安定したWi-Fiが入るところで充電をしながら行うのが確実です。一番いいのは寝る前にダウンロードして、その後インストール(アップデート)指示をしておくことですね。

最新ハードウェアiPhone 12シリーズのiOS 14.2.1オリジナルファームウェアのダウンロードはこちらから

最新の【iPhone 12 mini/iPhone 12/iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max】用のiOS 14.2.1のファームウェア(OFW)のダウンロードリンクはこちらです(順次アップデート予定)。

基本的にはiOSは最新バージョンにしか復元できないようになっていますが、先にファームウェアをダウンロードしておいて複数台をアップデートする、或いは一つ前のiOSでSHSHが発行されているバージョンへのダウングレードやバージョン維持復元の用途でお使いいただけると思います。

記事は以上です。

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

小龍愛用サービス