Apple、EVのAppleCar製造で韓国ヒュンダイと話し合いか

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

韓国のサイトKoreaEconomic Dailyの記事によると、Appleは現在開発中のAppleCarの製造において、韓国企業のヒュンダイ(HYUNDAI、現代)自動車と協力することを計画しているようです。

hyundai

記事によれば、Appleは【AppleCar】を製造するために、ヒュンダイ(現代)自動車グループと交渉中であることが示唆されています。Appleは、製造技術と必要な生産設備の「莫大なコスト」を自社で負担せず、また既に電気自動車を生産し、バッテリーを開発しているヒュンダイと協力することでAppleCarの製造をよりスムーズに進める計画をしていると言われています。

以前の複数の噂では、Appleは複数の製造パートナーと協力して「AppleCar」を製造しようとしていることが伝えられてきていますが、これまで、Appleがどのメーカーと提携するかについて決定的な情報はなく、また発表もされていません。報告書には「交渉」と記載されているため、現時点では取引が成立していない可能性が十分にあり、また今後Appleの計画も変更される可能性があります。

Bloombergからの記事によれば、プロジェクトの作業はまだ初期段階であって「生産段階にはほど遠い」とされており、今回の韓国メディアが伝えたようなヒュンダイについての言及もありませんでした。そして同メディアによれば【AppleCar】の発売準備が整うまでには、少なくとも5年から7年かかるとのことで、これは以前当ブログでもお知らせしたとおり、アナリストMing-Chi Kuo氏によって最近修正された【AppleCar】発売時期予測と合致します。

なお、CNBCに対する声明の中で、ヒュンダイはAppleと話し合っていることを認めています。但し、Appleはヒュンダイ自動車を含むさまざまな世界中の自動車メーカーと話し合っているようで、交渉はまだ初期段階であるため、何も決定されていないということです。

個人的にはバッテリーやディスプレイだけならいいのですが、自動車組立・製造までヒュンダイと組むようでしたら絶対買いたくないですね。なぜならヒュンダイは。。。だからです。簡単にいえば、全てが二流といわれているメーカーです。私が以前タイのバンコクで住んでいた時に、現地の人から聞いたこんなエピソードがあります。バンコクのタクシーは基本的にほぼ全てトヨタなのですが、一時期韓国企業の進出が激しく、ヒュンダイがトヨタからの置き換えを図って安値で侵攻しようとしたところ、タクシーの運転手達から強烈な反対を受けてやはりトヨタに戻ったということです。

世界でアメリカに次いで2番目に大きい自動車市場の中国大陸でも、ヒュンダイ・キア(KIA、起亜)含め、韓国車は中国国産車と同様かそれ以下くらいしか人気がなく、街中でもタクシーなど決まった業態で使われている車以外は殆ど見かけることがありません。それはなぜか?まあ、言わずもがなですよね。

というわけで【AppleCar】の製造はできれば日本かドイツのメーカーと組んで欲しいところです。

記事は以上です。

(記事情報元:MacRumors

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

小龍愛用サービス