Apple Carは2025〜2027または2028年以降に発売?著名なアナリストMing−Chi Kuo氏の揺らぐ予言

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

Apple未発表製品の予測においては世界的に定評があるTF International Securities(天風国際証券)のアナリストMing-Chi Kuo(郭明錤)氏ですが、最近大きくその予測をよく変えています。

Apple Car Concept
Apple Car コンセプト画像。未来的な外観になるのは間違いないかと

例えば12月初旬、Kuo氏がApple製品に使用されるMini LEDディスプレイのボリュームに関する独自の予測を大幅に変更しています。また8月には、Kuo氏はAppleが開発しているといわれているEV「Apple Car」が2023年から2025年に準備が整うと予測していました。しかし先日、2024年にApple Carが登場するというロイター通信の報道が市場を揺るがし、Appleの株価が上がりTesla(テスラ)の株価が下がるという状況をもたらした結果、Kuo氏はその予測を変えたのです。

MacRumorsによると、Kuo氏はApple Carの登場は2025〜2027年になると予測を後ろに倒しました。Kuo氏は顧客向けのレポートで以下のように具体的に述べています。

「以前のレポートで、Appleは2023年から2025年にApple Carを発売すると予測しました。しかし最新の調査によると、Apple Carの現在の開発スケジュールは明確ではなく、今年開発が開始されたばかりで、全てがうまくいったとしても、早くても2025年から2027年に発売される予定です。またEVとセルフドライブ市場の変化とAppleの高品質基準要求により、AppleCarの発売スケジュールは2028年以降に延期されても驚くことはないでしょう。」

Kuo氏は、Apple Carの発売スケジュールに対する市場の反応が「過度に強気」であるとしていて、現時点ではApple Car関連株の購入は避けた方がいいとアドバイスしています。

しかしKuo氏のこの意見の切替は歓迎するべきことでしょうか?わずか4ヶ月前の8月、Kuo氏は2023〜2025年までにApple Carが発売されるとしていて、実際に「過度に強気」になっていたのはKuo氏本人でした。恐らく、Kuo氏はロイター通信の報道によって自身の予測にスポットライトが当たることを好まなかったのかもしれません。

数ヶ月という短期間のうちに主要な予測を修正するようなKuo氏の行為は、Kuo氏の信頼性を傷つけるだけかもしれません。ただ、予測をただ見ている我々としても、批難をする立場にもないと思われます。Kuo氏はAppleのサプライチェーンとの繋がりが強く、基本的にはサプライヤーからの情報で予測を立てています。まだ初期開発段階のため、将来的な予測についてはそれぞれの部品開発の進度などによって大きく切り替わる可能性も十分考えられます。しかもApple CarはAppleにとって、初めて人命を預かるレベルの”大物”商品となります。非常に慎重に開発が進められるはずですし、品質への要求は従来よりも更に高いものになるでしょう。

先日Tesla Model 3に試乗した自分の目には、EVはとても魅力的なものに映っています。Appleが作るEVは一体どんなものがでてくるのか、個人的にも楽しみです。ただし、プライバシーを重視するあまり、AIのビッグデータを持ち合わせていないAppleにとって、自動運転技術がどのレベルのものに仕上げられるのかは不安です。Siriを見る限り、他のボイスアシスタントに後れをとっているのは間違いないからです。とはいえ、個人的にはTeslaを超えるようなすごいのをAppleが出してくれることを期待しています。

記事は以上です。

(記事情報元:MacRumors

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

小龍愛用サービス