Apple、macOS Big Sur 11.1正式版をリリース。AirPods MaxやProRAWに対応

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

Appleは昨日2020年12月15日、macOS Big Sur 11.1正式版をリリースしました。主にAirPods Maxへの対応と、iPhone 12 Proシリーズで撮影されたProRAWへの対応、そしてバグの修正がメインとなっています。

macOS Big Sur 11.1 OTA update

macOS Big Sur 11.1アップデート リリースノート

Appleによるリリースノートは以下の通りです。

macOS Big Sur 11.1アップデート

macOS Big Sur 11.1では、AirPods Maxへの対応、TVアプリケーションの機能強化、App Storeのプライバシー情報が導入されます。このリリースにはMacのバグ修正も含まれています。

AirPods Max

  • 新しいオーバーイヤーヘッドフォン“AirPods Max”に対応します
  • ハイファイオーディオで豊かなサウンドが再現されます
  • アダプティブEQにより、イヤークッションの装着状態に合わせてサウンドがリアルタイムに最適化されます
  • ノイズキャンセリングをオンにして環境ノイズを遮断できます
  • アクティブノイズキャンセリングを使用して環境ノイズを遮断できます
  • 空間オーディオとダイナミック・ヘッドトラッキングにより、まるで映画館にいるかのようなサウンド体験を楽しめます

TVアプリケーション

  • まったく新しいApple TV+のタブで、Apple Originalの番組や映画を簡単に見つけて視聴できます
  • 検索機能が強化され、ジャンルなどのカテゴリ別に閲覧でき、入力中に検索履歴や単語の候補が表示されます
  • 映画、テレビ番組、Podcast、チャンネル、スポーツなど、最も関連性の高い一致が最上位検索結果に表示されます

App Store

  • 新しいプライバシー情報セクションがApp Storeページに追加され、デベロッパが報告したアプリケーションのプライバシー慣行の概要が表示されます
  • Arcadeのゲームでは、ゲーム内ダッシュボードで新しくプレイできるArcadeゲームが推奨されます

M1を搭載したMacでのiPhoneおよびiPad App

  • iPhoneおよびiPad用Appの新しいウインドウオプションにより、ウインドウを横向きや縦向きに切り替えたり、ウインドウを拡大して画面全体に表示したりできます

写真

  • Apple ProRAWの写真を“写真”アプリケーションで編集できます

Safari

  • Ecosia検索エンジンのオプションがSafariに追加されます

空気質

  • 中国本土の場所の空気質が“マップ”とSiriで利用できます
  • 米国、イギリス、ドイツ、インド、メキシコでは特定の空気質レベルになったときに健康上の推奨事項がSiriで提供されます

このリリースでは以下の問題も対処されます。

  • macOS Catalinaからアップグレードしたあとでタイムコードトラック付きのムービーを開くとQuickTime Playerが終了することがある
  • Bluetooth接続状況がコントロールセンターに表示されない
  • Apple WatchでMacを自動的にロック解除するときの信頼性
  • MacBook Proの各機種でトラックパッドのスクロールが予想より速くなることがある
  • M1を搭載したMacでLG UltraFine 5Kディスプレイが誤って4K解像度で表示されることがある

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。
このアップデートについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT211896
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

macOS Big Sur 11.1 アップデートファイルのサイズは大きめ

小数点一桁アップデートということで、macOS 11.1 アップデート用のファイルの大きさはMacBook Pro 16インチ(2019年モデル)用で3.7GBと大きめになっています。

時間に余裕がある時、或いは夜寝るときなどにアップデートをするとよいでしょう。自分の場合は1時間以内で完了しました。

現在のところ、macOS Big Sur 11.1にしてから特に問題は発生していません。が、今後も発生しないとも限らないので、業務でMacをお使いの方はアップデートは慎重に行った方がよいかと思われます。

付随してセキュリティアプリ”スーパーセキュリティ”もアップデート

ところでソースネクストのスーパーセキュリティも昨日(12月15日)にとうとうというよりようやく、やっと、macOS Big Surに対応しました。Big Surが出てもう2ヶ月経っているので、ちょっと対応が遅すぎた気がします。またSafari用の機能拡張はずっと対応が遅れたままです(今はChromeに切り替えているので影響はないですが)。

もともとAVGアンチウイルスが調子が悪かったので(WeChatのファイル転送を勝手に阻害していて、解除できなかったのが最大の原因)乗り換えました。スーパーセキュリティは優秀なはずのBitDefenderベースではあるのですがBitDefenderのプロセス”BDLdaemon”が時々暴走して100%以上CPUを食っていたり、不具合が多いですね。また乗り換えるかもしれませんが、どれに乗り換えたらいいのやら、ちょっとわかりません。調べてもアフィリサイトばかりでどこを信用していいのやら。笑

記事は以上です。

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

小龍愛用サービス