新型Apple Pencil 第2世代はQi規格に適合していないことをAppleが認める

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

Appleは先日2018年10月30日に行われたイベントで、新型iPad Pro(2018年Face IDモデル)と共に第2世代Apple Pencilを発表しました。あなたがこの値上げされた新型Apple Pencil(と新型iPad Pro)を購入する前に知っておいた方がいいことがあります。それは、この新しいApple PencilはQiワイヤレス充電規格に適合せず、Qi対応充電パッドでは充電できないというちょっと悲しい事実です。

Apple Pencil 2 第2世代 2018

ZDNetによれば、Appleのスポークスマンが、新型Apple PencilはQi規格に適合していないことを明らかにしたということです。この新しいApple Pencilは、新たにリリースされた11インチと12.9インチのiPad Pro(第3世代)専用に設計されたもので、本体の平面部分が磁力によってデバイスに吸着し、そこで充電とペアリングが自動的に行われるようになっています。Appleは新型Apple PencilがQiに対応していない原因についてはコメントをしていません。

なお、当ブログでは新型Apple Pencilが新型iPad Proの保護ケースの上からは充電できないこともお伝えしています。

Qi規格では、ある程度の距離があっても充電ができ、金属ケースでもなければワイヤレス充電はできるはずですが、それでできないようになっているのであれば、やはりQi規格には適合していないのでしょう。

初代Apple PencilはLightningコネクタによる充電で、iPad Proに挿すか、アダプタを使ってLightningケーブルを使って充電をすることができました。ただ、そのアダプタをなくしてしまったりする危険性はありましたが、、他のiPhoneやiPadでも使えるケーブルで充電できるのは大きかったと思います。

とはいえ、やはりiPad Proにくっつけることができれば、わざわざコネクタを使うこともないし、わざわざケーブルを占有することもなく、使わない時にはくっつけておけばいいのでかなり楽そうですね。昨年11.5インチのiPad Proを買い、同時に初代Apple Pencilを買った自分としては、ちょっと悲しい気分です。

記事は以上です。

(記事情報元:ZDNet

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

小龍愛用サービス