小龍茶館ロゴ
小龍茶館文字ロゴ

Appleの最新動向や次世代Appleデバイスの裏情報・噂情報の独自視点での解説を中心に、iOS脱獄の方法やおすすめ・人気脱獄アプリの紹介、iPhoneのSIMロック解除(SIMアンロック)方法紹介やサービス提供、中国ネット規制回避(壁越え)方法紹介、おすすめガジェット最新情報を提供しています。

【小龍茶館ファクトリーアンロックサービス】納期保証!日本版iPhone6/6 Plus高速解除受付開始のお知らせ



iPhone_Factory_Unlock_468x60_2


当ブログで提供している、iPhoneファクトリーアンロックサービス(SIMロック解除サービス)

日本版iPhone6/6 Plus高速解除&納期保証サービス受付開始のお知らせです。

iPhone6_Apple_Official


昨日(2014/12/14)からサービスページではご案内していますが、日本版iPhone6/6 Plusの高速解除と納期保証が可能な依頼先が見つかったため、2014/12/14お申し込み分から日本版iPhone6/6 Plusの解除納期が以下の通りとなります。

・docomo/Softbank版iPhone6/6 Plus:5営業日
・au版iPhone6/6 Plus:15営業日

※上記の対象機種のみ、納期保証となります。上記の納期を超えた場合は、返金をお申し出いただければ返金いたします(返金のお申し出がない場合は引き続き解除申請をいたします)。

※年末年始は営業日の換算が少し伸びますのでご了承ください。

※これまでのお申込み分については依頼先が異なるため対象外です。悪しからずご了承ください。

なお、この高速解除&納期保証サービスの受付がいつまで続くかはわかりませんので、ご入用の方はサービスを提供している間にぜひご利用ください。

見積りご依頼は、週刊アスキーPLUS(週間リスキー)にも掲載された実績のある小龍茶館ファクトリーアンロックサービスページまでどうぞ(現在の価格は週刊アスキーPLUS掲載当時から変わっておりますので、サービスページ通りにお問い合せください)。

以上よろしくお願いいたします。

---------- 小龍茶館オススメ製品 ----------

■【私自身も使っています!無線LANルータならこれに決まり!最強ギガビット・フルスペック・フラッグシップモデル】NEC Aterm WG1800HP2



■【私自身も使っています!有線LANケーブルならこれ】カテゴリ7のフラット有線LANケーブル



■【私も使っています!MacBook Proに有線LANを繋ぐならこれ。】Apple Thunderbolt ギガビット Ethernetアダプタ



■【軽くて使える大容量モバイルバッテリー!cheero Energy Plus】
モバイラーにとっては外出時には必須のモバイルバッテリー。
実績のCheero製で、今回はリチウムポリマー電池採用。
大容量12,000mAhなのに、10,400mAhのcheero power plus2よりも30%薄く、重量も5%軽減。
iPhone5s/iPhone5/iPhone4S/iPhone4を3〜4回充電可能。
2.1Aの出力もあり、iPadの充電もでき、またACアダプタつきで充電も速い!
過充電・ショート・発熱(過熱)自動検出機能付きで、夏の季節も安心。
デザインもGood!と欠点が見つからない。



■私も使ってます!MacBook AirとMacBook ProのSSD容量が足りない人へ、SDカードスロットにジャストフィットのソリッドディスク【PNY StorEDGE Fit SDスロット disk】。






↓この記事が貴方の役に立ったり、面白いと思われたら下のバナー等をクリックしていただけると小龍のやる気が出ます。
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ ブログランキング FC2ブログランキング JRANK人気ブログランキング ブログの殿堂ブログランキング

【iPhone6/6 Plusも可能!】本体を送らずにSIMロック解除!Softbank/au/docomo/AT&T/Verizon/Sprint版iPhoneの全機種ファクトリーアンロックサービス



iPhone_Factory_Unlock_468x60_2


小龍茶館にて、日本の全てのキャリアのiPhone全機種及び米国や世界中のiPhone全機種のファクトリーアンロック(遠隔SIMロック解除)を受け付けています。

最新のiPhone6/6 PlusもSIMロック解除可能です!また日本版iPhone6/6 Plusは納期保証します!

【お知らせ】
※2014/12/14お申込分から、日本版iPhone6/6 Plusの解除が速くなり、しかも納期保証ができるようになりました!
docomo/Softbank版が5営業日、au版が15営業日以内で解除されます。

上記の対象機種のみ、納期保証となります。上記の納期を超えた場合は、返金をお申し出いただければ返金いたします(返金のお申し出がない場合は引き続き解除申請をいたします)。
→これまでのお申込み分については依頼先が異なるため対象外です。悪しからずご了承ください。
→このiPhone6/6 Plusの高速解除がいつまで続くかは不明です。

※2014/10/15 当サービスが週刊アスキーPLUSの"週間リスキー"に掲載されました!また週刊アスキーPLUSの週間アクセスランキング1位になりました!皆様のご支持のおかげです。ありがとうございます!

※2014/9/29 iPhone6/iPhone6 Plusの受付を開始しました!

※10/21より、iPhone 2G(初代iPhone)の受付を開始しました(GSM専用のため、SIMロック解除しても日本では使えません。海外でご利用ください)。

※10/1より、PayPal日本円建ての受付を中止し、香港ドル建に統一しております。

小龍茶館のファクトリーアンロックのメリットと特徴


ファクトリーアンロックは別名IMEIアンロックとも呼ばれ、Appleやキャリアのサーバに登録されているIMEIの情報を遠隔操作で書き換え、携帯キャリアのSIMロックがかかったiPhoneを、まるで工場出荷時からSIMフリー機であるかのように生まれ変わらせることができるサービスです。
※当サービスの依頼先は欧米に複数あります。それらの依頼先は一般顧客は受け付けていないところで、当ブログ(当社)はその日本代理窓口を承っております。

・IMEI等の情報を送っていただくだけで、後は待つだけで遠隔SIMロック解除されます。iPhone本体を送っていただく必要はありません。
・サーバ側のアンロック後、お客様側でiPhoneをインターネットに繋いだ上で再アクティベーション作業による本体のSIMロック解除が必要となりますが、ネット(Wi-Fiがベスト)があれば世界中どこにいてもSIMロック解除が可能です。
・他のロジックボード交換やベースバンドチップ交換などのSIMロック解除方法と違い、IMEI・シリアル番号は変わりません
・iPhone内部ハードウェアの改造は必要ありません
脱獄(ジェイルブレイク)は必要ありません
・SIMアダプタ(SIM下駄)等外部ハードウェアの使用は必要ありません
特殊なアプリケーションのインストールは必要ありません
アンロック後、復元やリセット、iOSのバージョンアップも可能です。
・当方でファクトリーアンロック完了通知後お客様側で再アクティベーション作業後にSIMフリーとなるため、iPhoneに保存されているお客様の大事な内部のデータが消えたり改変されることもありません
「SIMフリー版iPhoneを新しく買ってもいいけど、長く使った手持ちのiPhoneにどうしても愛着がある。。」という方にも非常におすすめです。
・他のサービスと違い、キャリアのネットワーク制限が▲でもファクトリーアンロックが可能です(他のサービスはネットワーク制限が○でないと受け付けないところが多いようです)。
・某英国の有名処をはじめとした欧米の最初のプライスリスト上では格安のファクトリーアンロックサービスと違い、後からの料金追加請求や、追加料金に応じなかったり返金要求する顧客のIMEIを強制ブラックリスト入りさせるなどの悪徳行為は一切行うことはないことをお約束いたします。もし万一後から依頼先の原価が高くなったとしても、当方はお客様とお約束した金額で作業を進め、差分は当方で負担いたします。ご安心ください
・当サービスはキャリアやAppleの公式なファクトリーアンロックサービスではありません(当方で承っているのはキャリアやAppleが公式にファクトリーアンロックを行っていないiPhoneのSIMロック解除です)。公式なファクトリーアンロックではないのですが、実際は裏ルートを通してキャリアやAppleに申請を書けてIMEIを書き換えます。その意味では「裏ファクトリーアンロック」という性質のサービスとなります。海外・日本国内に限らず、他の同様のサービス業者もファクトリーアンロックとサービスを名付けていたため、それに則って当方も「ファクトリーアンロックサービス」としております。
・お客様とのやりとりは基本的にメールが中心となります。窓口担当は私小龍自身が行い、迅速・丁寧、誠意をもった誠実な対応を心がけております。

解除可能な機種、容量、及び納期


【解除可能機種と容量リスト(キャリア別)】


■SoftBank(ソフトバンク)版


softbank_logo

・iPhone3G、iPhone3GS、iPhone4、iPhone4s、iPhone5、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6 Plusの全ての容量

※SIMロック解除してもau/Verizon/Sprint等CDMA2000キャリアSIMを使えるようにはなりません。

■au(au by KDDI)版


au_by_KDDIs

・iPhone4s、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6 Plusの全ての容量

※SIMロック解除するとSoftbank/docomo等GSM/WCDMAのキャリアSIMやau/Verizon/Sprint等CDMA2000キャリアの全てが使えるようになります。

・iPhone5の全ての容量

※SIMロック解除するとSoftbank/docomo等GSM/WCDMAのキャリアSIMが使用できますが、au/Verizon/Sprint等CDMA2000のキャリアSIMは使えなくなります。

■docomo(NTT docomo、ドコモ)版


docomo_new2s

・iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6 Plusの全ての容量

※SIMロック解除してもau/Verizon/Sprint等CDMA2000キャリアSIMは使えません。

■AT&T版(米国)


AT&Ts

・iPhone2G(初代iPhone)、iPhone4、iPhone4s、iPhone5、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6 Plusの全ての容量

※SIMロック解除してもau/Verizon等CDMA2000キャリアSIMは使えません。

■Sprint版(米国)


sprint-logoss

・iPhone4s、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6 Plusの全ての容量

※SIMロック解除するとSoftbank/docomo等GSM/WCDMAのキャリアSIMやau/Verizon/Sprint等CDMA2000キャリアの全てが使えるようになります。

・iPhone5の全ての容量

※SIMロック解除するとSoftbank/docomo等GSM/WCDMAのキャリアSIMが使用できますが、au/Verizon/Sprint等CDMA2000のキャリアSIMは使えなくなります。

■Verizon版(米国)


verizons

・iPhone4sの全ての容量

※SIMロック解除するとSoftbank/docomo等GSM/WCDMAのキャリアSIMやau/Verizon/Sprint等CDMA2000キャリアの全てが使えるようになります。


※記事更新日時現在の情報です。随時情報は変わります。
※上記リストにある機種・容量でも急にできなくなることがあります。お見積のご依頼をいただいてもお見積ができない場合もございますのでご了承ください。
※なお、上記のリストにないもので、世界中のiPhoneでキャリアのロックがかかっているiPhoneで解除したいものがあれば、下の方にあるお問い合わせフォームと同様の方法でお問い合わせください。なお、キャリア名のところには国名も入れてください。基本的に世界中のiPhoneに対応しています。

【納期】


・通常着金後5-15営業日(通常、但し納期は不確定要素で変動しますので保証できません)
最近は多くのお申し込み分が着金後2週間-1ヶ月ほどで解除されています。
→なお、CDMA2000版(au版含む)iPhone5s/5cの解除はこの限りではありません。以上の通常納期+更に時間がかかります。数ヶ月おまたせする可能性もあります。
→また、全ての受付分の確実な2週間-1ヶ月内での解除を保証するものではありません。
→これまで最長で4ヶ月ほどかかることがありました。
→日本版iPhone6/6 Plusのみ納期を保証します。Softbank/docomo版が5営業日、au版が15営業日以内です。上記の納期を超えた場合は、返金をお申し出いただければ返金いたします(返金のお申し出がない場合は引き続き解除申請をいたします)。

※高容量、また新しい機種になればなるほど時間がかかる傾向があります(日本版iPhone6/6 Plus除く)。1ヶ月、或いはそれ以上かかることもあります。
※AT&T版のみ現在のところ全て上記の通常納期内にて解除できております(が、今後もそれが続くことを保証するものではありません)。
※au版等CDMA版のiPhone5s/5cの解除は、一度に解除できる台数に制限がある関係で、特に時間がかかります。数ヶ月お待たせする可能性もあります。
※時間に余裕があり、気長にお待ちいただける方のみお問い合わせ下さい(納期や進捗のお問い合わせにはお答えできません)。

ご注文の流れ


1. 下の方のフォームの「お問い合わせ・お見積もり方法」に従ってお見積依頼をお願いいたします。
2. 折り返し、メールにてお見積及び注意事項のご連絡を致します。OKであれば返信にてお申込下さい。
3. 代金を先払いしていただきます。
4. 代金着金次第、サーバへの解除(アンロック)申請を依頼します。
5. アンロックが完了したら、お知らせします。
6. お客様側で再アクティベート(元キャリアと違うSIMカードを挿してアクティベーション)をすればiPhoneがSIMフリーになります。

決済方法について


お支払いには以下の方法がご利用いただけます。

1. PayPal決済(香港ドル建、VISA・Master・JCB・American ExpressクレジットカードとVISAデビットカード使用可、手数料当方負担、為替手数料お客様負担)
2. 香港の銀行への振込(香港ドル建、振込手数料お客様負担)
3. 中国の銀行口座への振込(人民元建、振込手数料お客様負担)
4. Alipay(支付宝)決済(人民元建、支払手数料無料)

PayPalについて


paypal

・PayPalは世界で最も広く使われている、クレジットカードによるネット決済代行サービスです。
・お客様がPayPalアカウントをお持ちでなくても、登録せずにお支払いが可能で、しかも支払手数料もかかりません(当方負担となります)。
・お客様のクレジットカードの種類や番号が当方に知らされることは一切なく、お客様にとって非常に安全な決済方法です。
・香港ではないクレジットカード・デビットカードでお支払いの場合は、香港ドルを日本円に換算した金額がクレジットカード会社からお客様に請求されます。
・クレジットカードがない方は、PayPalでは各銀行で発行していて信用審査がないプリペイドカード、VISAデビットカードによるお支払いも可能です。また、楽天銀行で発行している楽天VISAデビットカードは、楽天銀行に口座があれば窓口に行かなくても発行可能ですのでお手軽です。
・ご不明な点についてはPayPal(日本のサイトはこちら)にお問い合わせください。

価格お問い合わせ・見積依頼方法


メールにて受け付けております。

※コメントやブログメッセージからは受け付けていませんので返信はいたしません。
メールの題名を「iPhoneファクトリーアンロック見積依頼」とした上で、
以下の項目をメール本文にコピーペースト(コピペ)し、
内容を必ず全てご記入の上(IMEIとシリアル番号はiPhoneの設定>一般>情報で確認できます)、
以下のメールアドレスへお送りください。

adminあっとxiaolongchakan.com
↑「あっと」を小文字の@に置き換えてください。


折り返し、メールにてお見積をお送りいたします。
※なお、このメールアドレスに見積以外の質問だけ送られても返信はいたしませんのでご留意ください。ご質問はこの記事を最初から最後までご覧になった上で、コメントにお願いします。

※ちなみに、週刊アスキーPLUSの"週間リスキー"に取材していただいた時にだいたいの価格帯を書いておりますのでまずはそちらをご参照ください(2014年10月現在)。

※複数台同時申し込み、または2台目以降、または既にお申し込みのお客様のご紹介の方は値引きいたします。見積ご依頼の際にお書き添えください(既にお申し込みのお客様のご紹介の場合、ご紹介の方のフルネームとその方のメールアドレスもお書き添えください)。

---------- 次の行からコピー&ペーストしてください ----------
<iPhoneファクトリーアンロック見積依頼>

・お名前(フルネームにて):
・元のキャリア名(一つお選びください):Softbank/au/docomo/AT&T/Verizon/Sprint/その他(その他は国名とキャリア名をご記入ください)
・iPhoneの機種名(一つお選びください):iPhone6/6 Plus/5s/5c/5/4s/4/3GS/3G
・内蔵メモリ容量(一つお選びください。購入時仕様容量): 8/16/32/64/128GB
・IMEI(数字15桁。数字と数字の間のスペースは入れないでください):
・シリアル番号(数字と英語の組み合わせ12桁。iPhone4以前の機種は11桁):
・お支払い方法(以下から一つお選びください):
1. PayPal決済(香港ドル建)
2. 香港の銀行への振込(香港ドル建)
3. 中国の銀行口座への振込(人民元建)
4. Alipay(支付宝)支払(人民元建)
---------- 前の行までコピー&ペーストしてください ----------

見積ご依頼及びサービスに関する注意事項


1. ご記入いただいたお名前とメールアドレス(個人情報)については、当ブログとお客様間の連絡業務以外には使用せず、第三者に引き渡すこともありませんのでご安心ください。

2. IMEIとシリアル番号は設定>一般>情報にて確認できます。いずれか1つでも情報が欠けている場合はお見積もりできませんのでご注意ください。

3. 内蔵メモリ容量は設定>一般>情報ページでの確認(使用可能容量等)ではなく、機種を購入されたときのApple仕様による内蔵メモリ容量表記のご記入をお願いします(例:16GB、32GB、64GB等)。

4. いただいたIMEIとシリアル番号は、見積段階ではIMEIとシリアル番号がいただいたその他の情報と相違ないか、またキャリアのブラックリストに入っていないかの2点、初歩的チェックにのみ使わせていただきます。お申し込み後は、これらの情報はアンロック申請のためだけに使用させていただくことを保証いたします。

5. 複数の端末をご依頼の場合は、機種名から機体色までの全ての情報を台数分いただく必要があります。

6. Softbank/au/docomo版はキャリアのネットワーク制限が×(ネットワーク使用制限がかかっている端末、通称赤ロム)のものは解除できません。特にご注意ください。ネットワーク制限が▲(利用できるが、代金債務の不履行等により利用制限となる可能性がある端末)については解除は可能ですが、利用制限がかかる(×になる)といったんSIMロック解除された端末にまたSIMロックがかかる可能性があり、そうなった場合は当方は一切責任を負えません(特に中古で手に入れられた端末の場合ご注意下さい)。各キャリアのネットワーク制限調査サイトは以下の通りです。
ソフトバンク公式ネットワーク制限調査サイト
au公式ネットワーク制限調査サイト
NTT docomo公式ネットワーク制限調査サイト
いずれもIMEIを入れれば確認可能です。なお、AT&T版についてはキャリアのネットワーク制限がどのようになっていても、契約中でも契約が終わっていても受付可能です。

7. 上記の「解除可能な機種、容量」ではない機種・容量でお問い合わせの場合は返信いたしませんので悪しからずご了承ください(最近大変多いです、特にiPadの問い合わせなど)。※当ブログのロジックボード交換によるSIMフリー化サービス対応機種であればロジックボード交換のご案内をしております。

8. PayPal決済の場合手数料は当方にて負担いたしますので、手数料分を追加でお支払いいただく必要はありません。

9. 上記の事項で1つでもご記入が欠けている場合はお見積もりできません。またご記入いただいたものが上記の表と異なる組み合わせの場合は対象外ですのでこちらもお見積もりできません。それらのお問い合わせについては基本的には返信しませんのでご了承ください。

10. もし記入された内容が正しく漏れがなく、上記の表とも合致しているにも関わらず3日以上返信がない場合は迷惑メールフォルダ等をご確認いただき、それでも届いていなければ再度お問い合わせください。※xiaolongchakan.comドメインからのメールを迷惑メールフォルダに振り分けないようにご設定ください。

11. 当方の依頼先の都合で解除ができなくなった場合は、必ず返金いたします。その際は、基本的にお支払時及び返金時の銀行振込手数料またはPayPal手数料はお客様ご負担となります(PayPal決済の場合のみ、お支払い後2ヶ月以内であれば手数料込みで全額返金いたします)。

12. ベースバンドチップ(BB)を交換するなど、Apple公式以外でロジックボードそのものやロジックボード上の部品を交換した端末に関しては解除できませんのでご注意ください。それ以外の部品を交換しているものについては問題なく解除できます。また、Apple公式であればロジックボードや全機体交換をしている端末でも解除可能です。

13. ファクトリーアンロック完了後の再アクティベーションで、脱獄(ジェイルブレイク、Jailbreak、JB)している端末をお使いの方は、iTunes経由でDFUモードにて復元する必要がある場合がございます(その場合iOSのバージョンは現行最新のものになります)。また脱獄している端末についてはサポート外です。

14. 見積のついでに「どの国・キャリア・SIMで使えますか?」という質問を頻繁にいただいておりますが、一切お答えしていませんのでご注意ください(上記の電波方式をご確認の上、お使いになりたいSIMがそれにあっているかをご確認ください)。また以下のよくあるご質問コーナーにあるご質問にもお答えしていませんのでご注意ください。

15. 最近シリアル番号欄のところに機体裏に刻印されているFCC ID「xxx-xxxxxx」やIC番号「xxxx-xxxxxx」を送ってくる方がよく見受けられますが、シリアル番号はそれではありません。調べ方は上に書いてありますので、あくまでそこを調べてからご連絡ください。

16. 見積フォームをコピペせずにお問い合わせされる方が最近増えておりますが、間違いや書き方の間違いを避けるために必ず見積フォームをコピペしてから記入するようにしてください。

17. 必ずこのブログ記事を最初から最後(FAQ含む)までよくご覧になった上で、お見積もりをご依頼ください。

FAQ(よくあるご質問とその回答)コーナー



※ここに書いてあることと同様・類似のご質問をメールでされても返信いたしませんのでよくご覧下さい。

Q1. ファクトリーアンロックでSIMロック解除をした後、元キャリアのSIMで使えなくなるということはありませんか?

A1. au版/Sprint版等CDMA2000キャリア版のiPhone5のみ、元キャリアのauのSIMが使えなくなります。それ以外は全て元キャリアのSIMも使えるようになります。

Q2. 海外に渡航後、海外のSIMを挿して、SIMフリー化させたいと考えています。帰国後、元キャリアのSIMに戻して、再度元キャリアで使いたいと考えております。日本と海外を行ったり来たりするのですが、その度に都度アクティベーションさせる必要があるのでしょうか。それとも、SIMフリー後は、海外と日本のSIMは抜き差し交換だけで、使えるようになるのでしょうか?

A2. 日本帰国時の使用に関しては、au版/Sprint版等CDMA2000キャリア版のiPhone5は元キャリアのauのSIMが使えなくなります(Q1をご覧下さい)。なお、アクティベーションについてはファクトリーアンロックのサーバステータス書き換え後に一回再アクティベートしていただいた後は端末がSIMフリー化しますので、SIMの抜き差し交換だけで使えるようになり、SIMを差し替えるたびに再アクティベートをしていただく必要はありません(もちろん、復元した後は再アクティベートが必要になります)。

Q3. SIMロック解除できなかった場合はどうなりますか?

A3. 当方の依頼先の都合で解除ができなくなった場合は、必ず返金いたします。その際は、基本的にお支払時及び返金時の銀行振込手数料またはPayPal手数料はお客様ご負担となります(PayPalの場合お支払い後2ヶ月以内であれば手数料込みで全額返金いたします)。
ファクトリーアンロックの納期については、当方の依頼先で保証されていません。当方としても依頼先に全額先払いをしてサーバに解除を申請し、依頼先からの返事を待つしかないのが現状です(納期の問い合わせも当方からもできません)。また依頼先もこちら都合でのキャンセルを受け付けていません。ということで、納期が長いので待てなくなった、端末を紛失した、使えなくなった等の理由でのお客様のご都合での返金は受け付けておりません。

Q4. ファクトリーアンロック申請中にiPhoneをネットに繋いで使用したり、iOSのアップデートや復元をしても問題ないですか?また申請中に電源をオンのままやまたオフのままにしておいてもいいですか?

A4. はい、通常利用及びiOSアップデート・復元は全く問題なくしていただけます。ただしお客様側の都合で申請中の使用中にiPhoneが使えなくなった、盗難に遭った、破損した等の問題が発生して再アクティベートができなくなったとしても、返金は受け付けられませんのでご注意ください。電源に関してはオン・オフお好きなようにしていただいて構いません。

Q5. 他のところでファクトリーアンロックに出してうまくいかなかった端末を申し込みたいのですが、可能ですか?

A5. 既に返金されているなど、申請がかかっていない状態の端末であればOKです。しかしまだ返金されていない状態であれば、何らかの問題が起こる可能性があります。その場合は当方は一切責任を持てません。また、他のところで解除されたので当方のサービスの返金をしてほしいというお申し出にも応じられませんのでご注意ください。

Q6. キャリアの契約を既に解約している端末です。ファクトリーアンロックが可能でしょうか?

A6. ネットワーク制限=赤ロム(×)でなければ、アンロックは可能です。キャリアのネットワーク制限については当方では責任を持てませんので、ご自身で責任をもって調査して下さい(調査方法は見積ご依頼に関する注意事項7をご参照ください)。ネットワーク制限が▲の場合、債務不履行等でネットワーク制限がかかり×になった場合、ロック解除ができなくなりますが、その場合は返金できません。またもしSIMロック解除後に×になった場合も、当方はSIMロック解除後に端末がどのようになっても一切責任を負いませんのでご注意下さい。

Q7. 申請中、またはSIMフリー化後に元キャリアを解約しても大丈夫でしょうか?

A7. 申請中もSIMフリー化後も、キャリアのネットワーク制限が×(制限がかかっている=赤ロム)にならなければ(例えば月賦支払を止める等の不正行為による解約でなければ)、解約していただいても構いません。キャリアのネットワーク制限が×になるとSIMロックがかかる可能性があります。キャリアのネットワーク制限とファクトリーアンロックの関係については上のA6をご覧下さい。

Q8. iPhone5s/iPhone5をSIMロック解除した後、4GやLTEは利用可能なのでしょうか?

A8. ファクトリーアンロックによって4G LTEのロックも解除されますが、
4G LTEについてはハードウェア(モデル番号によって区別されます)の仕様が影響しますので、
このファクトリーアンロックでどこの国のどのキャリアの4G LTEでも使えるようになるわけではありません。
例えばSoftbank版のiPhone5はモデル番号A1429 GSM版ですが、これに対応していないLTEキャリアについては使用できません。
またLTEに対応しているキャリアでも、契約によってはLTEが使えない可能性があります。
iPhone5s/iPhone5c/iPhone5の各国各キャリアの4G LTE対応状況については、
http://www.apple.com/iphone/LTE/
をご覧下さい。
また個別のキャリアが使えるかどうかについてはSIMのキャリアにお問い合わせください。

Q9. SIMフリーiPhoneとIIJmioの相性が悪いと聞いたのですが。

A9. どのSIMで使えるようになるというご質問にはお答えしていないのですが、同様のご質問が非常に多いのでここでお答えします。
IIJmioのSIMとはiOS7.1以上は相性が良くないようですが、
これは機体の問題ではなく、SIMやキャリア側の問題のようです。
詳細は週刊アスキーの週アス+の記事をご覧下さい。
また解決方法として、一回既にdocomoで開通している他の端末にIIJのSIMを入れてからまたSIMフリーiPhoneに戻すと使えるようになった、という当ブログのお客様からの情報があります。
また、IIJのSIMを挿入してからiTunesでiPhoneを復元すると使えるようになったというご報告もあります。
ただ、各キャリアのSIMフリーiPhoneへの対応状況の詳細はIIJmio等、SIMを発行しているキャリアにお問い合わせください。

Q10. iPhone5でファクトリーアンロックでSIMフリー化するとdocomoのFOMAプラスエリアが使えるようになりますか?

A10. ファクトリーアンロックでSIMフリー化してもハードウェアの仕様が変わるわけではありません。
iPhone5のベースバンド(ハードウェア)はFOMAプラスエリアには対応していないため、
FOMAプラスエリアが使えるようにはなりません。なお、iPhone4sとiPhone5s/5cに関してはFOMAプラスエリアに対応しており、ファクトリーアンロック後もFOMAプラスエリアを使えるとの情報が入っています。

Q11. Softbank/AT&T版のiPhoneをファクトリーアンロックでSIMフリー化してauのSIMで使いたいのですが?

A11. Softbank/AT&T版のiPhoneはベースバンド(ハードウェア)はGSM/WCDMAのみに対応しており、au等のCDMA2000の電波を掴みませんので、使うことができません。

Q12. au/Verizon/Sprint版のiPhoneをファクトリーアンロックでSIMフリー化して海外のCDMA2000 SIMやSoftbank/docomo等GSM/WCDMAのSIMで使いたいのですが?

A12. au/Verizon/Sprint版については、iPhone5以外はCDMA2000/GSM/WCDMAの全てが使えるようになりますが、iPhone5のみが元のau/Verizon/SprintなどCDMA2000のSIMは使えなくなります。もしau/Verizon/Sprint版のiPhone5で解除後にもCDMA2000キャリアSIMをご利用になりたい場合は、当ブログのロジックボード交換によるSIMフリー化サービスをご利用ください。

Q13. SIMロック解除後、○○のSIMで使いたいのですが、使えますか?また、どんなSIMを使えばいいですか?

A13. どのSIMで使えるか、どのSIMで使えばいいかという質問にはお答えしていません。SIMフリーiPhoneで使えるSIMをご利用ください。またどのSIMで使えばいいかはニーズによって異なりますのでアドバイスしかねます。日本でご利用をお考えでしたら以下の価格コムの比較サイトが参考になると思われます。
■価格.comのSIMカード比較

Q14. SIMロック解除後、テザリングをしたいのですが?

A14. テザリングの可否についてはSIMロック解除には関係ありません。挿入するSIMの初期設定によりますので、お使いになりたいキャリアにお問い合わせください。またテザリングを許可していないキャリアSIMでも脱獄して脱獄アプリを入れることでテザリング可能になりますが、脱獄に関してはサービスとして一切サポートしません。詳細は当ブログのオススメ脱獄アプリ/Tweakの情報記事をご覧下さい。

Q15. SIMロック解除後の再アクティベーションの方法がわからず不安です。

A15. 再アクティベーションの方法はファクトリーアンロック完了通知メールで詳細にご説明しますのでご安心ください。
またiOS7以上でWi-Fi環境があれば、iTunesに接続せずに本体だけで再アクティベーションすることが可能です。作業自体はとても簡単です。

Q16. SIMロック解除後の再アクティベーションで使う「元キャリアのものではないSIMカード」とはどういうものですか?

A16. 以下にいくつかよくあるご質問のポイントをまとめてみました。
・再アクティベーションに使うSIMカードは日本のものでも海外のものでも構いません。
・既に契約が切れていて電波が入らないSIMカードでも再アクティベーションが可能です。
・日本で海外のSIM、海外で日本のSIMを使って再アクティベーションをすることが可能です(SIMカードの電波が入らなくても再アクティベーションが可能なため)。
・ご本人のSIMでなくても、ご家族やご友人から借りてきたものでもOKです。

Q17. SIMロック解除後、再アクティベーションまでの制限時間はありますか?

A17. 基本的に時間の制限はございませんが、できればお早めにお済ませください。解除できました!という嬉しいご報告をいただけるのが何よりも楽しみですので。

Q18. ファクトリーアンロック後、ハードウェアのトラブルがあった場合Appleの補償や修理を受けられますか?

A18. ファクトリーアンロック後もIMEIやシリアル番号は変わらないため補償や修理は受けられますが、本体全体や基板の交換修理となった場合はSIMロックが再びかかりますのでご注意ください。

Q19. ファクトリーアンロック後、「iPhoneを探す」のサービスは問題なく使用できますか?

A19. ファクトリーアンロック後は「iPhoneを探す」を含むAppleが提供する全てのオンラインサービスを問題なく使用できます。但しトラブルを避けるため、再アクティベーションをする時のみ、「iPhoneを探す」をオフにしていただいております。

Q20. iPhone5なのですが、Apple公式の電池交換やスリープボタン無償交換プログラムの対象の端末のようです。ファクトリーアンロックをしてから交換しても大丈夫でしょうか?

A20. Appleは上記の2つの無償交換について、端末本体の交換で対応しているパターンが多いようです。その場合IMEIが変わったり、SIMロックが再度かかりますので、もし対象の端末の場合は、まずApple公式で交換をしてからお問い合わせください。

Q21. iPad/iPad miniは解除できませんか?

A21. できません。またサービスを提供する予定も今のところ全くありません。

Q22. ファクトリーアンロックで解除すると、「iPhoneを探す」ロック(アクティベーションロック、Apple IDロック)も解除されますか?

A22. 解除されません。あくまで"SIMロック解除"のみとなります。ファクトリーアンロックは、SIMフリー化を完了するには当方での解除完了後にお客様側で再アクティベーションが必要です。アクティベーションできないiPhoneはサービス対象外となります(もしアクティベーションロックがかかっている端末で申し込まれて、お客様側で再アクティベーションができなかったとしても一切責任をとれませんのでご注意ください)

Q23. IMEIやシリアル番号は個人情報なので渡したくないのですが、見積もりできますか。だいたいの値段(概算見積)でいいのですが。

A23. 上記の通り、IMEIとシリアル番号がないとお見積はできません。また、概算見積という方式はとっておりませんのでご了承ください。ちなみに、週刊アスキーPLUSの"週間リスキー"に取材していただいた時にだいたいの価格帯を書いておりますのでご参照ください(2014年10月現在)。もちろん正確な見積に関しましては、お手数ですが上記の指定に従ってご依頼ください。
なお、IMEIとシリアル番号は、キャリアのデータベースにアクセスできる所謂"中の人"にとっては個人情報となり得るかもしれませんが、私を含むそうでない人にとっては個人情報ではありません。IMEIやシリアル番号で普通の人が調べられるのは、
・SIMロックがかかっているか
・キャリアのブラックリストに入っているか
・Apple Careのサポート期間
・Appleで記録された修理履歴
・過去どのキャリアでアクティベーションされたか
・次回どのキャリア(ポリシー)でアクティベートされる予定か
くらいのもので、お名前・ご住所・お電話番号などを特定できるものは調べられません。IMEIとシリアル番号は実際にファクトリーアンロック申請に必要なのと、特にシリアル番号を調べることができるということは、端末がお手元にあり実際に操作できる証拠となります。ファクトリーアンロックは最後にお客様側で再アクティベート作業が必要となるため、その操作ができることの確認行為でもあります。闇雲にお見積をして、実際にお支払いいただき当方で解除しようとしても、最後に解除できない=お金と時間の無駄、ということを未然に防止するためで、お客様自身を守るためでもあります。ご協力下さい。

Q24. 領収書の発行はできますか?

A24. ご依頼があった時のみ発行いたします。当サービスはこのブログを運営している香港法人LITTLE DRAGON TECH CO. LIMITED(小龍科技有限公司)が正式に行っているものです。従って当社より領収書(INVOICE)を発行可能です。ご必要であればご発注の際に日付・宛名・会社名・ご連絡先・但し書き・金額等ご指定の記載事項と共に別途ご連絡ください。なお、領収書は香港法人のフォームで、PDFにてメールへの添付となります。

Q25. サービスの依頼先を教えてもらえませんか?

A25. 一般常識的に考えてこのようなご質問にお答えする義務はないと思われます。冒頭に明記しておりますが、依頼先は複数あるのと、一般向けにサービスを提供しているところではございませんので、ご紹介することは不可能です。悪しからずご了承ください。

Q26. SIMロック解除後、再度ロックがかかってしまうことは絶対にありませんか?ファクトリーアンロックサービスというのは公式のサービスではないのですか?

A26. 上記の通り、当サービスはキャリアやAppleの公式(正式)サービスではありません。なぜなら、日本のキャリアや日本のApple Storeが公式にファクトリーアンロックサービスを提供していないためで、裏ルートを通す必要があるからです(とはいえ、当然キャリアやAppleへの申請を経てIMEIの情報を書き換えます。その申請のタイミングの問題で納期がかかり、裏ルートを通すところで原価がかかっています)。そのような性質のサービスのため、何事も絶対や100%保証ということはできません。実際、最近ごく稀ですが、数例再ロックされてしまう例が発生しております。もし万一再ロックがかかってしまった場合でも、当方(当社)が責任をもって無償で再解除をいたしますのでご安心ください。また、もし万一再解除不可能となった場合は、上記注意事項11.の規定通り返金いたします。

Q27. SIMロック解除通知後の再アクティベーションするには、どうしても元キャリアではないSIMが必要なのですか?

A27. そもそも元キャリアのSIMでは再アクティベーションそのものがされないため、端末SIMフリー化ができません。別のキャリアのSIMを使うためにSIMフリー化するわけですから、SIMフリー化後にお使いになりたいSIMで再アクティベートされるのがベストではないかと思われます。

Q28. PayPal支払いで香港ドル建てとなっていますが、香港ではないクレジットカードで支払えますか?また日本円ではいくらになりますか?

A28. 世界中のどのクレジットカードでも、PayPalが受け付けているクレジットカードならばお支払可能です。PayPalでの請求額は香港ドル建てですが、実際のクレジットカード(またはデビットカード)での請求はそのクレジットカード会社から発行されている国の通貨に換算されて請求されます。日本円でいくらになるかについては、為替レートが変わるため何ともお答えできません。当方が見積提出後、ネット上やスマートフォン等の為替計算機で算出してください。


特定商取引法に基づく表記はこちらをご覧下さい。

それでは、見積のご依頼メールをお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

---------- 小龍茶館オススメ製品 ----------

■【私自身も使っています!無線LANルータならこれに決まり!最強ギガビット・フルスペック・フラッグシップモデル】NEC Aterm WG1800HP2



■【私自身も使っています!有線LANケーブルならこれ】カテゴリ7のフラット有線LANケーブル



■【私も使っています!MacBook Proに有線LANを繋ぐならこれ。】Apple Thunderbolt ギガビット Ethernetアダプタ



■【軽くて使える大容量モバイルバッテリー!cheero Energy Plus】
モバイラーにとっては外出時には必須のモバイルバッテリー。
実績のCheero製で、今回はリチウムポリマー電池採用。
大容量12,000mAhなのに、10,400mAhのcheero power plus2よりも30%薄く、重量も5%軽減。
iPhone5s/iPhone5/iPhone4S/iPhone4を3〜4回充電可能。
2.1Aの出力もあり、iPadの充電もでき、またACアダプタつきで充電も速い!
過充電・ショート・発熱(過熱)自動検出機能付きで、夏の季節も安心。
デザインもGood!と欠点が見つからない。



■私も使ってます!MacBook AirとMacBook ProのSSD容量が足りない人へ、SDカードスロットにジャストフィットのソリッドディスク【PNY StorEDGE Fit SDスロット disk】。






↓この記事が貴方の役に立ったり、面白いと思われたら下のバナー等をクリックしていただけると小龍のやる気が出ます。
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ ブログランキング FC2ブログランキング JRANK人気ブログランキング ブログの殿堂ブログランキング

イーロン・マスク提唱の次世代交通システム"Hyperloop"がクラウドソーシングで復活!



先ほどイーロン・マスク提唱による"Hyperloop"の総工費が発表されたことを記事にしたが、中国のサイトiFanr(爱范儿)で面白い解説がなされていたのでこちらも併せて紹介したい。

イーロン・マスク提唱の次世代交通システムHyperloop、マスク自身が継続せず・・・


HyperLoop_Concept_Philadelphia_01


太陽光エネルギーを燃料とし、乗客はまるでカプセルのような"車両"に載り、密閉された空気軌道のパイプの中から発射され、走行速度は現在の新幹線の3〜4倍で、飛行機の2倍。これがいわゆる"噴射式ジェット機と、軌道弾丸列車"の間の交通システム"Hyperloop(ハイパーループ)"だ。イーロン・マスク(Elon Musk)のクレイジーな将来展望の中では、このHyperloopは汽車、船、電車、飛行機の後を継ぐ5番目の大交通システムになるとされていた。

電気自動車のテスラ(Tesla)と宇宙船開発のSpace XのCEOでありながら、テクノロジーでも狂人といってもいいほどのイーロン・マスクは、昨年57ページにも及ぶHyperloopのコンセプトデザインを発表し、人々の将来の交通システムへの無限の憧れを刺激した。しかし誰もその次にどう動けばいいのかわからなかった。そして仕事の優先度の関係から、イーロン・マスクもその後Hyperloop計画を具体的に進めてこなかった。

Hyperloopの夢を次ぐもの、HTTとその参加者達


しかし幸いなことに、その偉大な計画を進める人たちがいた。米国のテクノロジー系メディアWiredの報道によれば、Hyperloop Transportation Technologies(HTT)という会社が、クラウドソーシングという形で再度このプロジェクトを継ごうとしている。

HTTは実際はベンチャーファンディングプラットフォームのJumpStartFundの子会社としてスタートし、会社というよりは公益組織というのに近い。従業員には給与は支払われず、HTTのストック・オプションが約束されるだけだ。そんな状況でもHTTは人材が集まっている。カリフォルニア大学ロサンゼルス分校の学生や、ボーイング社からの参加者、またAirbusやSpace Xからエンジニアも参加している。100人以上が仕事の本業の休暇の合間をぬって、メールを使って共同作業を進めている。その作業には路線計画や車両構成、そしてコスト分析などのプロジェクト等々が含まれている。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校のSuperStudioが、駅・走行路線や列車車両を含むHyperloopシステム技術の設計を担当している。技術の実現性についての研究は現在も続いており、来年半ばには完了するという。

HyperloopのHTTによる設計と障害・問題点


Hyperloop_Concept_2


路線に関してはまだ設計段階だが、駅と駅の間はできるだけ直線を保つ必要がある。というのもカーブを高速で通過することでのGがすさまじく、乗客乗員がめまいを起こす可能性を出来るだけ避けたいからだ。この路線計画では技術的な障害よりも、実は政治的なことのほうが障害となる可能性があるという。

列車のデザインは外側のハードウェア設計と内側の輸送設計の2種類に分けられている。列車はパイプの中では大きな推進力によるプレッシャーを受けるため、全てのドアと窓は直接外側に露出されていてはならず、必ず強固なカバーによって包まれている必要がある。

Hyperloop_HTT


このような射出式の座席設計は路線計画とも合致している。路線計画ではパイプ内での複線化(往復路線)も考慮されているが、射出式の座席を再度収納する際に反対方向にすることができるからだ。

面白いのは、設計案の中でHyperloopにはエコノミークラスとビジネスクラスが分けられていることだ(日本でいえば普通席とグリーン席)。

Hyperloopが実現するのはまだまだ先の話


HTTは順調な進展を見せているが、Hyperloopがテストや工事段階に入るにはまだまだ長い時間が必要となる。最も困難な問題は、パイプの中で列車の摩擦をいかに最小限にしつつ最高速度を出すかということであることは間違いない。イーロン・マスクの出したアイデアは、コンプレッサーを使って列車の運行中に絶え間なく高圧空気を先頭から末尾まで送り続け、同時に車両の底にはエアクッションのようなものを設けて、列車をパイプの中で浮かすというものだ。この方法はコストの節約は可能だが弊害が存在するといい、HTTはリニアモーターカーが使っている磁気レビテーション等による代替案を使うことを検討しているという。

ではHyperloopのコストは?イーロン・マスクが昨年このHyperloopの構想発表当時に見積もったのは、400マイルにつき60億〜100億米ドル(約7,170億円〜1兆1955億円)の資金が必要だということだったが、これはHTTの実際の見積もりと大差がない。

HTTによれば、2015年内には最初のプロトタイプを作り始め、最終バージョンは10年以内に完成させたいとしている。この巨大なプロジェクトを完成させるために、HTTは現在のクラウドソーシングから株式資本による運用に変更する可能性がある。

イーロン・マスクはやっぱり偉人・変人


「イーロン・マスクは間違いなく人々の想像を超えることを推し進める人だ。他の人がまだ次のアプリの開発のことを考えている間に、あいつは火星で死にたいと考えている」とJumpStartFundのCEO、Dirk Ahlbornは評価している。

記事は以上。

---------- 小龍茶館オススメ製品 ----------

■【私自身も使っています!無線LANルータならこれに決まり!最強ギガビット・フルスペック・フラッグシップモデル】NEC Aterm WG1800HP2



■【私自身も使っています!有線LANケーブルならこれ】カテゴリ7のフラット有線LANケーブル



■【私も使っています!MacBook Proに有線LANを繋ぐならこれ。】Apple Thunderbolt ギガビット Ethernetアダプタ



■【軽くて使える大容量モバイルバッテリー!cheero Energy Plus】
モバイラーにとっては外出時には必須のモバイルバッテリー。
実績のCheero製で、今回はリチウムポリマー電池採用。
大容量12,000mAhなのに、10,400mAhのcheero power plus2よりも30%薄く、重量も5%軽減。
iPhone5s/iPhone5/iPhone4S/iPhone4を3〜4回充電可能。
2.1Aの出力もあり、iPadの充電もでき、またACアダプタつきで充電も速い!
過充電・ショート・発熱(過熱)自動検出機能付きで、夏の季節も安心。
デザインもGood!と欠点が見つからない。



■私も使ってます!MacBook AirとMacBook ProのSSD容量が足りない人へ、SDカードスロットにジャストフィットのソリッドディスク【PNY StorEDGE Fit SDスロット disk】。






↓この記事が貴方の役に立ったり、面白いと思われたら下のバナー等をクリックしていただけると小龍のやる気が出ます。
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ ブログランキング FC2ブログランキング JRANK人気ブログランキング ブログの殿堂ブログランキング

Twitter プロフィール
中国関係足かけ19年の中国ロック評論家。テーマ:iPhone脱獄/iPhoneSIMロック解除/中国ネット規制回避/中国製造業/飲食店経営/貿易/中国ロック/日中音楽コーディネート/ガジェット全般/海外日常生活/中国嫁。iPhone6 Plus/iPhone5s/RetinaMacBookPro15/iPad4使用。
最新記事
小龍へメッセージを送る
小龍メルマガ
最新コメント
月別アーカイブ
当ブログ内記事検索
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
中国ネット規制回避サービス
中国から普通にはアクセスできないTwitter・Facebook・Youtube等を快適に使いたい方へ。
私小龍も実際に使用してみて、数ある中でも以下の2つのVPNサービスがダントツにオススメ!

■1. 12VPN
12VPN_new

当ブログ限定クーポンあり!
お申し込みの際に、合言葉「xlchakan」備考欄入力で30%オフ!
Unlimitedプラン:年間99ドル(約10,600円)・月額約883円が、30%オフで年間69.3ドル(約7,400円)・月額約617円に!

クーポン使用方法や購入方法はこちらから。

■2. つながるNow
つながるNow

1ヶ月600円、1日1円で試用も可能!オートマチックインストーラやオールインワン接続ソフトもあり、更にSSH接続も可能な、手軽で高機能・高性能のおすすめVPN!なんといっても運営者のサポート対応が日本語で迅速丁寧で素晴らしい!
お申し込みはこちらから。
小龍茶館オリジナルCydiaリポジトリ
"xiaolong - MyRepoSpace"よろしくです。
脱獄後、Cydiaから追加できます。
http://cydia.myrepospace.com/xiaolong/
上海人 SHANGHAI-ZINE
Shanghai-zine
上海No.1の口コミ情報ポータルサイト。私もここの「小龍茶館のこれが知りたかった!中国インターネット・スマホ技巧」で執筆しています。
カテゴリ別アーカイブ
ヤフオク!検索
楽天市場オススメ
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    たくさんのご訪問、ありがとうございます!

    小龍茶館